色素沈着が酷い人は脱毛施術を受けられないかも?

女性の美容上の敵はいろいろですが、色素沈着はよく起こる症状です。そしてこの色素沈着は脱毛施術を受ける上でも少し厄介なのです。ここでは色素沈着が脱毛施術にどのような影響をあたるのか知りましょう。

・色素沈着がひどい人

色素沈着があっても普通は施術をしてもらえます。しかし、その程度が酷い人は断れる事があります。色素沈着の程度が悪い時にはその部分に施術をしたら肌トラブルが起きたり効果が弱いなどの弊害が起こるためです。

 
注目すべきは光脱毛やレーザー脱毛の仕組みです。今の時代は光脱毛やレーザー脱毛が中心になります。その仕組みを簡単に言えば光脱毛もレーザー脱毛もメラニン色素に作用する光を無駄毛に当てる事で熱エネルギーを生じさせます。

 
そして体毛を作る毛母細胞にダメージを加えます。このやり方の利点はメラニン色素が少ない肌に対してはダメージを与えにくい事ですが、肌にひどい色素沈着が起きている時には皮膚の中のメラニンに光の波長が作用します。

 
そのため、脱毛の効果が弱くなったり、色素沈着をしている肌に熱エネルギーが発生して火傷を起こす事もあるのです。色素沈着の程度が大したことなければマシンの出力の調整で対処する事も出来ます。

 
しかし、色素沈着の程度が悪い時には出力を調整してもそれだけでは対処が難しいのです。

・脂漏性角化症は要注意

色素沈着には複数の種類がありますが、中でも注意しないといけないのは脂漏性角化症です。他の炎症後色素沈着や摩擦黒皮症、老人性色素班などはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどを使えば、薄くする事ができます。

 
しかし、脂漏性角化症は良性腫瘍である事もありますので、綺麗に取り除くためには医学的治療をしないといけません。

・クリニックでだめでもサロンなら受けられる

光脱毛の場合には施術を受け付けない色素沈着の程度は体毛と同程度に肌が黒ずんでいる時です。ですがこれほど酷い事は普通の人にはないのであまり神経質になり過ぎる事もありません。

 
それから光脱毛よりもレーザー脱毛の方が出力が高い事もあって、レーザー脱毛の方が色素測定は厳しく見る傾向にあります。ですからクリニックのレーザー脱毛を受ける事はできないのに、サロンの光脱毛なら受ける事ができるという事があります。

 
どちらにしても、よほど酷い色素沈着でもない限りは受ける事はできる事が多いので、あまり神経質にならずに初回のカウンセリングで相談してみましょう。