男だって挙式の日までにきれいになりたい~男のブライダル脱毛&ブライダルエステの おすすめメニュー

ご存知ですか?
実は結婚式場をおさえて契約すると、普通は貸衣装やドレス購入を行いますが、このときに多くの式場でのプランなどには、メイクやブライダルエステがセットされています。

・・・といってももちろんそれは、当日もっとも美しい女性、新婦についてだけ。

ですが多くの新郎にとっても、一生に一度しかない結婚式

新婦と並んでも恥ずかしくないように、男だってきれいになりたいですよね。

それならエステティックでのブライダル脱毛&ブライダルエステはいかがでしょうか?

●どうして新婦には、挙式前にエステが必要なのか?

結婚式場の衣装などを含めたパッケージに含まれているブライダルエステやブライダル脱毛。もちろんこうしたものが付属せず、別途個人でホテルエステやエステティックサロンなどと契約される方もありますが、これには理由があるのです。

欧米の結婚式では、長い花嫁の準備の間Bridesmaid(ブライズメイド)とよばれる役割を選びます。式の日の花嫁の付き添いを表し、若い女性で、ごく親しい友人や、姉妹などにお願いすることが多いようです。

日本よりも手作りで行う部分も多い披露宴や挙式の装飾品などの用意から、招待状やウエルカムコーナーの食品などの準備。もちろん当日のものばかりではなく、花嫁本人が美しくなることや、新居に多くの人を招く際のための準備など、実に広い範囲の花嫁自身が行わなければならない部分を手助けしてくれる存在。
作業部分ばかりではなく、メンタルな部分でも不安を取り除き、式までのあらゆる支えともなってくれます。

もちろん花嫁本人が美しくなるためのさまざまな工夫の中には、ダイエットなども含まれていますが、こうしたときのくじけそうな心を励まして、一緒に頑張ってくれるメンター的存在でもあります。

日本の結婚式では、仲人さんがついて・・・というだけのスタイルが一般的でしたが、手作りでおもてなしをする本格派の結婚式が増えたこと。

また欧米文化に倣うことで、結婚に伴う女性の変化を学ぶ上でも、実際にBridesmaid(ブライズメイド)を親しい人から選ぶ代わりに、ダイエットや美しさ、ストレスや悩みなどを親しく打ち明けることのできるカウンセラーのいるエステティックを、ブライダル用に契約する方も増えているという背景もあります。

お仕着せとして与えられたもののほか、花嫁がストレスなく美しくなるために自ら選択しているものもあるのですね。

●女性向けのブライダルエステはこんなメニューがある!

女性の場合、和装での結婚式では襟足から首筋、口元などは白く塗るため、通常はしっかりと毛を直前に剃りあげて、つややかな肌にする慣行が昔から見られます。

ですが、ウエディングドレスの場合には、それとりもさらに大きくあいた背中や二の腕、脇や足など、もっと大きな面積で、無駄な毛をなくし、さらに輝くようなバラ色のつや肌に仕上げることで、若々しさと美しさを演出します。

ご存知の通り、肩こりや冷え症を抱える事も多い女性では、背中などのこうした部分は、くすんだ肌質や、曇ってうっすら黒ずんだ色合い、そしてニキビや毛穴トラブルで汚く見えがち。

そこに真っ白でサテンなどの素材でできた光沢のあるドレスを着ると、だれでも汚く老け込んだ印象に見えてしまいます。

そのため、普段よりもさらに念入りに、美しくつややかで、ムダ毛1本もないスタイルに仕上げなければいけません。

結婚式の衣装で目立ちがちな・・・
・ボディラインを引き上げて美しく見えるようダイエットやマッサージ、機材施術による吸引やもみあげ等を併用したスタイルづくりのメニュー
・ブライダル脱毛という結婚式の衣装で目立つ部分を中心にきれいにする脱毛メニュー
・仕事一段落し妊娠出産まえの貴重な時間に、永久脱毛などに取り組む脱毛メニュー
・全身のむくみたるみを揉みあげて、すっきりしたボディやフェイスラインを作るメニュー
・どこから見ても全身がつややかで健康的な肌に見えるよう仕上げる美肌系メニュー
・・・などがあります。

●男性がブライダルでエステをするならどんなものがおススメ?

最近では、一般企業に勤務する会社員や、入社面接前の学生など。そして、これから自由時間もたっぷり生まれるかもしれない定年前アラフィフ男性の間にも人気となっているメンズエステ。

通常のメンズエステでは・・・
・気になる顔の脂汗をおさえるクレンジングやパックメニュー
・ニキビ痕や毛穴開きをうつくしい肌に生まれ変わらせるサポートを行う美肌メニュー
・眉やひげなどの顔ムダ毛をきれいにする、脱毛や永久脱毛メニュー
・手や足、腕、胸元などの気になるボディの毛をきれいにする、脱毛や除毛などの一時的なものから永久脱毛のメニュー
・・・などなどがあります。

こういったもののほか、男性特有の悩み対応として、
・メイクをしない分顔が暗く見えることへの対策として、歯などのブリーチングを行うデンタルエステ
・退行しがちな額や頭頂部にしっかりとした洗浄とうるおいをプラスすることで、ハリのあるふんわりとした髪の毛印象に近づけるヘアエステなどもあります。

こうしたものは、ブライダルなどのイベントにはもちろんですが、若い女子社員に嫌われる男性特有のポイントの改善にもつながりそう。

接客業や営業職の方には、ブライダル以外にもお勧めできるメニューばかりですね。

●男性でブライダルエステ&ブライダル脱毛をした方がいいのはどんな人?

男性でも、結婚式や披露宴で、最近は明るい色合いの、ライトグレーやライトブルー、シルバー、サーモンピンク、シャンパンゴールド、ホワイトなどのタキシードを合わせる方も増えています。

こういった、多くの男性が普段着る機会が少ない色で、かつ、上下そろった色合いや同系色の明るい色をセレクトした衣装では、肌色や、肌の質感が非常に目立ちがち。

明るい色合いのものを着れば着るひとほど、ブライダル脱毛で肌のムダ毛を滑らかに整えながら、美肌ケアで毛穴開きや凹凸をしっかりうつくしく見えるように整えていくのが良いでしょう。

また、結婚式でも披露宴でも、主役にはスポットライトが当たり、さらに一生の記念としてのビデオ撮影や写真撮影が常識。

脂でぎらぎらとして、表情が読めなくなるほどの男性も多いのですが、エステで対策しておくこと+当日は式場のメイクさんにお任せすれば、普段の日よりも数段うつくしく涼しい顔で過ごすことができます。

●男性のブライダルエステやブライダル脱毛はどんなところで受けられるの?

最近は、男性向けのエステサロンも市中にたくさん登場しており、また、高級ホテルのエステでも、宿泊中なら男性もうけられるといったところや、女性と一緒にならビジターとしてうけられるといったところもあります。

男性のブライダル脱毛では、女性よりも毛が太く長いため、レーザーやパルス脱毛などでは、大きなエネルギーで処理ができる美容整形や美容皮膚科の脱毛の方が短期間で済むケースもあります。

一方で、毎日の髭剃りなどで毛穴が露出したり傷んだ肌表面では、こうした方法よりも、エステティックサロンで行っていることが多い、すこし出力の弱い機材による脱毛のほうが、肌自体がきれいになるケースも。

クリニックもエステティックサロンも、いずれも永久脱毛も、単に毛を少なくしたりほそくしたりする施術が選択できますので、
・自分の毛の質、肌質
・オサイフ具合
・どのくらいブライダル脱毛に規則的に通える時間が取れるのか
といった観点から選んでみるのが良いでしょう。

●いかがでしたか?

エステティックサロンにしろ、クリニックでの施術にしろ、たくさんの1回だけの体験プランなどが用意されています。

インターネットやフリーの情報誌などでしっかりと情報をあつめて、こうした体験なども行いながら、メンズエステのブライダル脱毛やブライダルエステをお願いするのも良いでしょう。

やはりせっかく自分のためにきれいになってくれている新婦。新婦に対しても、もちろん忙しい中出席してくれた友人知人や先輩方に対しても失礼が無いように、新郎も同じくらいきれいになって、当日を迎えたいですよね。