医療レーザー脱毛の仕組みとメリットデメリット

脱毛を施設で受ける場合、脱毛専門サロンやエステティックサロン、クリニックなどの選択肢があります。

 
このうちクリニックで受けられるのが医療レーザー脱毛です。

 
医療レーザー脱毛と言う言葉は知っているけど細かいところまでは分からないと言う方は多いのではないでしょうか。

 
そこで仕組みやメリットデメリットについてこれから紹介していきます。

医療レーザー脱毛の仕組みは?

医療レーザー脱毛ではレーザーを照射し、毛根にある黒い色のメラニンに反応させています。毛根は熱によって変性を起こすタンパク質で作られています。

 
レーザーの熱エネルギーによって毛根を破壊し、脱毛させると言う仕組みになっています。

レーザーにはいくつかの種類がある

医療レーザー脱毛で用いているレーザーにはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーと主に3種類あります。

 
アレキサンドライトレーザーは755nmの波長を持つレーザーです。黒い色への反応性が良く、脱毛効果が高いと言う特徴があります。ダイオードレーザーは800nmの波長を持つレーザーです。

 
比較的広範囲に照射できるため、スピーディーに脱毛できると言う特徴があります。ヤグレーザーは1,064nmの波長を持つレーザーです。レーザーは波長が長いほど肌深部に届きます。

 
そのためヤグレーザーは深い位置にある毛根にも反応させやすいと言う特徴があります。レーザー脱毛マシンによって照射できるレーザーが変わります。

 
複数のレーザー脱毛マシンを導入し、一人ひとりに合わせてレーザーを使い分けすると言うクリニックが見られます。

永久脱毛できる

医療レーザー脱毛では高出力なレーザーを照射しています。そのため永久脱毛できると言うメリットがあります。

 
脱毛専門サロンやエステティックサロンでは高出力なレーザー照射は認められていません。

 
そのため光脱毛では出力を下げた光のエネルギーを照射しています。出力を下げているために光脱毛では永久脱毛ができません。

少なめの回数で済む

脱毛効果が高いため、少なめの回数で満足できるレベルまで脱毛できることが多いです。

 
個人差もありますが、全身脱毛の場合は5回コースが基本となっています。回数が少なめのためにクリニックに通う手間も楽になります。

国家資格を持っている

その他に大きいのがクリニックには医師や看護師と言った国家資格を取得した施術者が在籍していると言う点です。

 
脱毛専門サロンやエステティックサロンでは資格が不可欠と言う訳ではありません。

 
資格が無くても施術を行うことが可能ですが、全くの無資格ではお客さんが不安に感じてしまうため、民間の資格を取得していると言うケースが多いです。

 
しかし民間の資格は国家資格ではありません。

麻酔が使用できる

医療レーザー脱毛では毛根を熱で破壊すると言った関係上、痛みがありました。しかしクリニックなら麻酔で痛みを和らげることが可能です。

 
医療機関では無い脱毛専門サロンやエステティックサロンでは麻酔は使用できません。

すぐに治療が受けられる

肌トラブルが起きても医師による治療がすぐに受けられます。脱毛専門サロンやエステティックサロンでは治療ができません。

 
ドクターサポートがあれば提携医療機関の紹介が受けられますが、すぐに治療が受けられる訳ではありません。

日焼けし過ぎると施術ができない

日焼けした黒い肌の方は施術ができないと言われることがあります。それは日焼けすると肌に黒い色のメラニンが増えるからです。

 
肌に増えたメラニンにレーザーが反応し、火傷する恐れがあるのです。脱毛前も脱毛中も日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行うことが必要です。

産毛は反応が弱い

黒色に反応させると言った仕組みの関係上、産毛だと色素が薄いためにレーザーの反応が弱いことがあります。

 
ヤグレーザーは日焼けした黒い肌でも産毛でも脱毛しやすいと言う特徴があります。

 
しかしアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーと比べるとマイナーな存在です。

 
そのため照射できるクリニックが少なくなっています。

毛嚢炎のリスクがある

レーザーは高出力なために肌トラブルのリスクが高くなっています。良く見られるのが毛嚢炎と言った肌トラブルです。

 
毛根を破壊した時のダメージにより、ブドウ球菌などの細菌に感染しやすくなります。

 
この細菌感染により、ニキビのような症状が見られます。数が少なく痛みが無い場合は自然に治ることが多いです。

 
しかし数が多くなり痛みが出た時には注意が必要です。何等かの異常が出た時はすぐに医師に相談し、薬の処方を受けて貰って下さい。

成長期に合わせて来院することが必要

医療レーザー脱毛では毛周期の成長期に合わせてクリニックに来院することが必要です。満足できるレベルまで脱毛するには期間が掛かります。

 
クリニックやレーザー脱毛マシン、むだ毛の量や濃さなどによって異なりますが全身脱毛の場合は1年から2年はかかると言われています。

終わりに

ここまで医療レーザー脱毛の仕組みやメリットデメリットを紹介してきましたが参考になりましたか。

 
クリニックの選び方によってはデメリットがあっても解消が期待できます。しかし完全に消すことはできないため、良く考えてから施術を受けてみて下さい。

 
多くのクリニックで無料カウンセリングを実施していますので、不安なことは相談して下さい。